読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はFPSゲーム。時々哲学。

 FPS特にCoDやBFが中心。 その他のPS4ソフトやVRゲームの感想・レビューや雑談なども記事にしています。 詳細はプロフィールへ。

エイム力は目の使い方で決まる!

 エイム力(えいむかって見えて気持ち悪い!)ってなんだろう。狙う速さ?精度の高さ?それとも制御の高さ?そりゃあ能力が高い方が良いし、一部には確かに超人がいる。でもちょっと違う。これらはAIM(エイム)力の「手」の部分で一部でしかない。

 AIM力は狙った所に当てる能力だ。ある部分じゃ立ち回りと似てる。この2つの本質を私は「実現力」だと考えている。イメージを実現する力と言うことだ。


 殆どの人達は予測して事前に狙って当てる準備をしている。だから構えて曲がったり、画面中央を頭の高さに合わせたりなんて事をするわけだ。
 そして準備不足な方が撃ち敗ける。そう言う意味じゃ撃ち合う前に勝負はついているのだ。


 準備を整えるには、素早く見付ける事とMAP情報の読み取りが重要となる。手じゃ無くて目で戦うのだ。



 人間の脳の処理能力は視覚によって大分圧迫されている。

 色・明るさ・形状・距離・動きetc。

 単一でも情報量が多いのに総合的に情報を処理しなければならない。そこで人間の脳は情報に制限をかける。つまり「視たいところだけを見る」わけさ。
 みんな大好きドラえもんの石ころ帽子の様にね。必要ない物には処理能力は割かないのだ。


 視覚は意識に大きく影響を受ける。逆に言うと意識しないと視認出来ない。意識している異性を敏感に察知するのと同じで、意識する前はその人が居ても気付かなかったはずだ。


 
 私は敵を探すと言うより違和感を探す。

 見付けるのを早くするなら「敵が居ない画面」を頭に入れる事だ。そうすると相手が頭だけ出てたり伏せていても、普段と違う画面に違和感を覚え認識が出来るようになる。特にロングレンジや動きが少ない相手には有効だ。


 早く見付ければ早く準備に入れる。そして準備が整えば撃ち勝てる。超人相手でもこれなら勝てる。


 
 「目で覚える」って事は大事な要素で、撃った弾が何処に当ったかをきちんと意識するのは重要だ。AIMは自分と銃の能力を把握した上でイメージ通りに弾を飛ばすことだ。
 特にFPS初心者なんかは「当てる!」じゃなくて「当たれ!」って撃ってる。祈っても結果は変わらないよ。 


 確かにラグやバグなんかはあるだろうけど、大事なのは自分の行動の結果だ。自分の操作の結果をきちんと視ることが大事だ。
 これが出来ないと手の方を鍛えてもイマイチ効果が出ないだろう。


 得られる情報の殆どが目から入ってくる。視る力を鍛えるのが近道だ。意識しないと見えないものは多い。


関連リンク
クソAIMの真実 - 人生はFPSやゲーム。時々哲学。