読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はFPSゲーム。時々哲学。

 FPS特にCoDやBFが中心。 その他のPS4ソフトやVRゲームの感想・レビューや雑談なども記事にしています。 詳細はプロフィールへ。

PS4で遊ぶ大人向けゲーム。映画のゲーム化の新しい形。

変わり始めた映画作品のゲーム化。

 
 以前からゲームの映画化。またはその逆となる映画のゲーム化は存在した。しかし、映画のゲーム化に関しては話題性に乗っかっただけの、お粗末な作品が殆でとても映画体験と言うには程遠かった。言うならば「子供騙し」の作品が多かったのである。

 「ゲームは子供の遊び」そんなイメージを払拭して大人の趣味として売り出したいのがアメリカである。ハリウッド映画の様に「文化の輸出」をゲームでも狙っている。
 その結果、ここ数年でゲームは大幅な進歩を果たした。映像やゲーム性でなく文化としての進歩である。物語り性や歴史背景に力を入れる事で、映画と同じステージに上がろうとしているのだ。

 そんな土壌が映画のゲーム化にも影響を与えた。従来の様な子供騙しではなく、大人も楽しめる映画体験が出来るゲームを目指し始めたのである。それは今回紹介する三作品の高い映像クオリティに現れている。

スター・ウォーズ バトルフロント

f:id:K456:20151009111320p:plain
 美しいスターウォーズの世界を舞台に20vs20でのマルチ対戦を楽しめる。時代は旧三部作で様々な兵器やダース・ベイダーの様な作中の登場人物も操作可能。映画で流れるBGMと実写の様な凄まじい映像でスターウォーズの世界が表現されている。
 最新作となるエピソード7:フォースの覚醒と合わせて世界で注目を集める作品。


www.youtube.com

Star Warsバトルフロント 【初回特典】:「Battle of Jakku」先行アクセスコード 同梱

Star Warsバトルフロント 【初回特典】:「Battle of Jakku」先行アクセスコード 同梱


ALIEN: ISOLATION -エイリアン アイソレーション

f:id:K456:20150507030311j:plain
 エイリアンとエイリアン2の間が舞台。エイリアンを倒すことは出来ず追い払うのが精々。基本として逃げて隠れると言った選択を余儀なくされる。宇宙船と言う閉鎖された空間でエイリアンと対峙する様は映画のワンシーンの様だ。
 ゲームとホラーの相性は抜群で良作が揃っているジャンルである。そんなホラー作品の中でも本作は高い評価を得ている。


www.youtube.com

バットマン:アーカム・ナイト

f:id:K456:20150507030322j:plain
 簡易ながら奥深い戦闘システムとバットマンらしいステルスアクションで高い評価を得ているシリーズの最新作。オープンワールドと呼ばれる自由度の高いジャンルであり、広大なゴッサムシティを舞台にプレイヤーはバットマンとして様々なアクションを楽しめるのが魅力。
 特に本作ではバットモービルの操作も可能となり、ゴッサムシティを正に縦横無尽に移動できる。


www.youtube.com

バットマン:アーカム・ナイト

バットマン:アーカム・ナイト



 この三作品はゲームと言えど十分な映像クオリティを達成しており、ゲームで得られる体験は各々の映画ファンには堪らないだろう。ゲームは「子供が遊ぶ物」と言うイメージは強い。そのイメージを崩しゲームは「大人こそ楽しめる物」に生まれ変わろうとしている。その象徴となるのが今回取り上げた三作品だ。
 

各作品の年代

 スターウォーズは1977年から2005年。(ゲームの舞台となる旧三部作は1977年から1983年。)エイリアンシリーズが1979年から1997年。バットマン(ティム・バートンとジョエル・シュマッカーのシリーズ)が少し遅れて1989年から1997年となっている。

 つまりスターウォーズ・エイリアン・バットマンと言ったシリーズを楽しんだ世代が「ゲームを作る側」に立ち、当時のファン達の為に作っているのである。作られたゲームに拘りを感じるのはその為だろう。

 これは海外でゲームが大人の趣味となりつつある事を示している。明らかにこの三作品は今の10代や20代前半と言った学生の層よりも、人生の円熟期に入った30・40代が真に楽しめるゲームなのだ。これぞ「大人向けゲーム」である。そう、大人こそプレイすべきゲームと言えよう。

 最近のゲームには洋画好きにとって魅力的な作品が揃いつつある。普段ゲームをプレイしない人も、この三作品を機にゲームに触れてみてはどうだろうか。



オマケ:映画を見ればより楽しめる

 あまり映画を観ない人だと、今回紹介した三シリーズに触れた事がないかも知れない。長く続くほど新規で見始めるハードルは高くなるので仕方ない。ただ、それを理由に鑑賞を避けてしまうには余りに勿体無いと思う。
 ちょっと古くさいと感じるだろうが、当時の大人達を熱狂させた映画達だ。興味を持った人は映画を是非見て欲しい。



スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray]

スター・ウォーズ プリクエル・トリロジー ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray]

 最新作エピソード7:フォースの覚醒の公開を控えている、今も続く偉大なスターウォーズシリーズ。驚くことにその歴史は38年と自分の人生より長い。このままエピソード7・8・9と続き、実に半世紀に渡り私達を魅了する事になるだろう。50年と言うことは3世代で楽しめる訳だ。もう凄いとしか言えない。
 物語りの起点となるエピソード1・2・3は割りと最近の作品なので抵抗は少ないと思う。時代を越えるSF超大作だ。一度は見ておきたい。



【FOX HERO COLLECTION】プロメテウス‐エイリアン ブルーレイBOX<5枚組> (初回生産限定) [Blu-ray]

【FOX HERO COLLECTION】プロメテウス‐エイリアン ブルーレイBOX<5枚組> (初回生産限定) [Blu-ray]

 グロいSF映画の誕生で世界に衝撃を与えたリドリー・スコットの初代エイリアン。そしてエイリアン2はタイタニックそしてアバターでギネス記録を打ち出したジェームズ・キャメロン。この二つは非常に質が高いので見て損はしない。
 改めて思うのは秀逸なエイリアンのデザインである。男性器をモチーフとした為か、気色悪さや変な攻撃性を感じつつも目が離せない不思議な力を感じる。




バットマン スペシャル・バリューパック (初回限定生産) [Blu-ray]

バットマン スペシャル・バリューパック (初回限定生産) [Blu-ray]

 バットマンと言うとダークナイトシリーズが記憶に新しい。こちらも素晴らしい映画で有ったが、旧バットマンも負けていない。スタイリッシュなダークナイトシリーズと比べると無骨で泥臭いヒーローを描いた旧バットマン。
 その監督はジョニー・デップとのコンビが人気のティム・バートン。チャーリーとチョコレート工場やアリス・イン・ワンダーランドと言ったヒット作で、その映像表現の虜になった人も多いだろう。

プラダを着た悪魔(特別編) [DVD]

プラダを着た悪魔(特別編) [DVD]

 私はプラダを着た悪魔に出演していたアン・ハサウェイが好きで、ダークナイトシリーズのクールでスタイリッシュなキャットウーマンも良かったと思っている。
f:id:K456:20150514214533p:plain


 それでもキャット・ウーマンと言うとバットマン・リターンズのイメージが強い。ティム・バートンはキャラクターの表現がとても上手い。私は彼の作品はどれも大好きである。バットマン・リターンズに登場するキャットウーマンには猫が持つ魔性を確かに感じた。是非見て欲しいと思う。
f:id:K456:20150513104001j:plain
 



キャットウーマン 特別版 [DVD]

キャットウーマン 特別版 [DVD]

 ハル・ベリー?あれはコスプレでしょ?

 何故かキャット・ウーマンの紹介になってしまった。それ位バットマンに登場してくるキャラクターは魅力的なのだ。




 ブームと言う一時代を築き映画の世界を引っ張って来た偉大な作品達である。良いものは時代を越える。

 読者の中にもしPS4が欲しい子が居たら「このゲームの元になった映画知ってる?」そう聞こう。 この3作品ならお父さんを説得できる可能性は高い。お父さんの青春を飾った作品達だ。