人生はFPSゲーム。時々哲学。

 FPS特にCoDやBFが中心。 その他のPS4ソフトやVRゲームの感想・レビューや雑談なども記事にしています。 詳細はプロフィールへ。

PS4ゲームのHDR効果を比較してみた

PS4ProでHDRの効果を比較してみた

 折角のPS4Proなので4K/HDRを導入しようと『32UD99-W』を購入しました。機能からデザインまで大変満足しております。

k456.hatenablog.com


 しかし購入前に調べたところ4Kと比べHDR効果はディスプレイの性能で如実に変化する模様。そこで『32UD99-W』のHDR効果がどれ程か幾つかの作品で確認してみました。


32UD99-WのHDR効果を確認

 比較方法は設定を開いてHDR効果を切り替えてスマホで撮影するだけの素人比較。多少のズレはご了承ください。

 写真はGalaxy S6のカメラでディスプレイを撮影した物を縮小しています。 


『アンチャーテッド 古代神の秘宝』

 
 本作は有り難いことにゲーム設定でHDRのON/OFFが出来るので比較しやすい。


f:id:K456:20171218193718j:plain
f:id:K456:20171218193753j:plain
明らかに色味が変わり驚きました。


f:id:K456:20171218195637j:plain
f:id:K456:20171218195737j:plain
発色の変化より岩や苔の質感に違いを感じる。


 全体的に色鮮やかになり陰影がくっきりとしてオブジェクトの質感が良くなった印象です。ただ切り替えて差を感じにくい場面も散見されました。

  
 そこで『アンチャーテッド』と違い昼夜の概念がある『Horizon Zero Dawn』を使い、同じ風景が明るさでどう変化するか確認してみました。

 

『Horizon Zero Dawn』

 この作品は全体的に赤が強く出る印象。とりあえず適当なデータをロードして風景の変化を確認しました。


f:id:K456:20171218231751j:plain
f:id:K456:20171218231816j:plain
青空が鮮やかになり白が際立ちます。


f:id:K456:20171218232408j:plain
f:id:K456:20171218232439j:plain
全体的に赤が強く出る傾向が見られました。


f:id:K456:20171218232804j:plain
f:id:K456:20171218232904j:plain
黄昏のグラデーションはかなり美しかったです。


f:id:K456:20171218234044j:plain
f:id:K456:20171218234113j:plain
予想に反して夜間は差が分かりにくかった。



 予想では夜間が一番HDRの効果が得られるのかな?と考えていましたが、意外と青空や夕刻の方が差を感じられました。

 真っ暗にならずプレイヤー側に光源が有るような映像になるのが原因かも知れません。キャラクターを見せなきゃならないTPSの弊害ですね。


『Battlefield 1』

 こちらは元からPCを意識している作品だけあってモニターに合わせHDRの輝度を変更できました。ディスプレイに合わせてHDR設定を500にしています。

 それにしても初期設定5000って一般人が持てるディスプレイじゃないでしょう。そりゃあHDRは最大10000nitを規定してますけどね。



f:id:K456:20180116033158j:plain
f:id:K456:20180116033238j:plain
シーンによっては変化が感じにくい所もある。



f:id:K456:20180116033612j:plain
f:id:K456:20180116033650j:plain
陰影の変化がくっきりし立体感があった。



f:id:K456:20180116034321j:plain
f:id:K456:20180116034352j:plain
静止画だと色の変化の方が分かりやすい。


 マルチプレイにおいてもHDRで臨場感は高まります。ただ眩しい・暗いといった視覚効果も高まるので、プレイしやすいかと言われるとそんなことも無いです。

シーンによって効果はまちまち

 2018年1月現在では十分にHDRの効果を引き出せるディスプレイやテレビの価格は30万円を越えてきます。『32UD99-W』を含む10万円前後の価格帯ではHDR効果は限定的と言われています。


 確かにIPSパネルの宿命か黒の表現ではHDRの恩恵を感じ難いシーンも認められました。黒に強いVNパネルや直下型でエリア駆動している製品なら違うのかも知れません。


 一方で白の表現では想定より違いを感じました。HDRにおいてディスプレイの明るさは1000nit欲しいと言われています。今回の比較は500nit程度ですがHDRの効果は確かに感じられました。


 また謳われているDCI-P3(95%) は伊達では無いようで発色の鮮やかさに関しては目を見張るものがあります。
 今回の『アンチャーテッド』や『Horizon Zero Dawn』では歴然の差でした。特に赤と緑で顕著に差を感じるのはDCI-P3の恩恵かも知れません。

 結果として立体感が増した・全然違うと言うポジティブな評価から、差が分かりにくい・ゲームに向かないと言ったネガティブな評価も概ね納得ができました。

 私としては魅力的ながらも対戦FPSにおいて勝利に拘るならHDRは切るべきと結論に達しました。HDRは映像作品では素晴らしいですが、こと対戦ゲームでは不必要なリアリティですね。