読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はFPSゲーム。時々哲学。

 FPS特にCoDやBFが中心。 その他のPS4ソフトやVRゲームの感想・レビューや雑談なども記事にしています。 詳細はプロフィールへ。

[評価・感想]ウィッチャー3 ワイルドハント(The Witcher3)~物語の質に拘った大作~[レビュー]

PS4で遊べるオープンワールドの大作

ウィッチャー3 ワイルドハント

ウィッチャー3 ワイルドハント

 ウィッチャーとはモンスター退治のプロ達の事だ。そんなウィッチャーの中でも伝説と謳われるのが主人公「白狼」ゲラルトである。これはゲラルトとなりオープンワールドで描かれる世界を堪能するゲームだ。ナンバリングタイトルだが前作をプレイしてない自分でも問題なく楽しめている。


総評

長所は短所でもあると教えてくれる作品。不自由の中にある自由を楽しめるか。それが鍵になる。
 オープンワールドRPGの一つの到達点。練られたイベントがその魅力であり、プレイヤーは丁寧に作られた細かいイベントの積み重ねにより、どんどん物語に引き込まれていく。世界観やストーリー重視の人には堪らない。
 その反面、「何でも出来るオープンワールド」を期待していると不満を覚えるだろう。これはゲラルトの物語だ。ウィッチャーとして、ゲラルトとして生きる事を強いられる。
 また、質こそ高いが会話イベントや事件の謎を追う捜索に時間が割かれる。戦闘やアクション重視だと期待外れと感じるかもしれない。戦闘システム自体は平凡であるが堅実な作り。


魅力的なウィッチャーの世界

f:id:K456:20150621230008j:plain
 正統派のファンタジーで、見渡す限りの世界を駆け巡るだけで楽しいオープンワールドの快作。美しくも残酷な世界の実態が表現されている。規制の限界に挑戦した理由もわかる。規制されていたら台無しだ。熱意を感じる丁寧なローカライズを行ったスパイク・チュンソフトに感謝します。
 ウィッチャー3では戦争の真っ最中であり、民衆の悲劇がリアルに描かれている。飢えている戦争孤児。吊るされた民衆。そんな民衆とビジネスライクで付き合うか、人情をもって接するか。プレイヤーに託させれるのはゲラルトの生き方だ。



冒険者の生活を楽しめる

 本作はウィッチャーとして旅をしながら日銭を稼ぎ、その日の糧を得る冒険者の生活。この部分の完成度が高い。
 体力回復を担う食糧と磨耗する武器防具。そして不足しがちな金銭。これによりプレイヤーは継続的に日銭を稼ぐ必要性が出てくる。その稼ぎ方は大きく三つに分けられるが、どれも楽しいのである。


1)手にしたアイテムの売買
 野に咲く薬草からモンスターの血肉。盗賊が隠し持つ財宝。そんなアイテムを集めて売る事で金銭を稼ぐことが出来る。これが未だ見ぬ未開の地を探索する原動力となり、広大なオープンワールドの世界を駆け巡ることは純粋に楽しい。


2)サブクエストを請け負う
 仕事の依頼はモンスター退治から人探しまで様々だ。特にモンスター退治で事前に情報収集し、準備を整えるゲラルトの姿がプロの仕事を感じさせる。
 そんなサブクエストの物語も練られており、プレイヤーにウィッチャーの世界に対する理解を深めてくれる。
 サブクエストのストーリーでは戦時中でもあり、厳しい選択を強いられ思惑通りにいかないことも多い。そこが良いのだ。


3)カードゲーム稼ぐ
 ミニゲームであるグウェントが良く出来ている。時間泥棒であるウィッチャー3の中でもこれが一番の大泥棒だ。単純でありながら戦略性があり、つい長々とプレイしてしまう。
 カードの絵柄も素晴らしく、もっとカードを集めたくなる。初期のお金稼ぎとしても悪くないので、カードゲームだけで時間が過ぎていく。マルチ対戦欲しい。


 メインクエストそっちのけでサブクエストをプレイしてしまう。いや、むしろサブクエストこそがゲームとしてはメインコンテンツなのだ。


親切なシステム周り

 遊ぶ上で嬉しい機能が満載だ。いつでも変更可能な難易度設定。選択肢による前作の引き継ぎ。丁寧なチュートリアル。手動のセーブとチェックポイントでのオートセーブ。挙げるときりがない。
 個人的に嬉しかったのがオートセーブ。複数のチェックポイントを記録してくれるので、重大な失敗をしてもリカバリーが可能だ。長い道のりとなるウィッチャー3の物語をやり直すのは辛い。実にありがたい機能である。

欠点・不満点

 プレイして一番に感じたのが癖が強い操作。慣性が残るのでピタリと止まるのが難しい。慣れるまで探索やアイテム回収の際にもストレスになるかもしれない。
 そして、丁寧に教えてくれるチュートリアルを兼ねている序盤。これが長い。一気に詰め込まれないので安心とも言えるのだが、やれることが増えるまで時間がかかる。
 序盤は世界観やキャラクターに焦点が当てられており、「戦闘を楽しむ」ことを重視したプレイヤーには辛い時期だ。Amazonのレビュー等を見ると、ここで脱落した人も居たかもしれない。


最後に

 はっきり言って舐めていた。作り込まれたオープンワールドの世界。練り込まれたシナリオ。ウィッチャー3は同ジャンルのハードルを大きく上げた。今後は比較されることになるゲームが可哀想になる。関わった人達が真摯に向き合ったと実感する作品。おすすめだ。