人生はFPSゲーム。時々哲学。

 FPS特にCoDやBFが中心。 その他のPS4ソフトやVRゲームの感想・レビューや雑談なども記事にしています。 詳細はプロフィールへ。

神ゲーかクソゲーか『ARK: Survival Evolved』プレイ感想

PARKはクソゲーであり神ゲー

【PS4】ARK: Survival Evolved

【PS4】ARK: Survival Evolved

 PCの劣化版だ、時間ばかり掛かるマゾゲ―だ、と印象が悪かったPS4版『ARK: Survival Evolved』をプレイしてます。

 恐竜!オープンワールド!クラフト!サバイバル!ほら、お前らが欲しかったのはこれだろ!

 そんなメッセージがARKからガンガン放たれている『ARK』。恐竜の魅力は見てわかる。オープンワールドの広がりはやればわかる。クラフトの楽しさは続ければ分かる。


 しかし問題はサバイバル。サバイバルは楽しみより先に困難が来ます。その困難を越えていく楽しみを得られるか。それがARKを遊ぶ上での鍵になると感じます。

 

ARKの世界は困難ばかり

 サバイバルと言うだけあって死にゲーです。それも失うものが大きいタイプで、私自身もクソゲーだと何度か思いました。


 死にゲーといえば『ダークソウル』が浮かびます。その『ダークソウル』は正解への道標がきちんと示されています。

 対する『ARK』は放任主義です。攻略サイトの情報無しで効率的なプレイに辿り着くことは難しいでしょう。サバイバルの名の元にチュートリアルは全て省かれてます。これには手抜きじゃないかと思うほど。


 世界に放り出し自分で考えて生き残れ。これが『ARK』の始まり。とりあえず習うより慣れろの精神で一歩を踏み出せば恐竜と広い世界が迎えてくれます。


 「うおおお!恐竜が歩いてる!プテラノドンが飛んでる!まんま『ジュラシックパーク』の世界じゃないか!」

とテンションが上がります!



 そして遠からず死にます。




 死んで死んで何度も世界に放り出されます。フレンドと合流するのも一苦労。今思えばレベルを上げる我慢の時期だったのですが、無為な行動の繰り返しに感じて苦痛でした。


 粘り強さを持てなかった人はこの辺で脱落するかも知れません。恐らく最も魅力に欠け面白くない時期なので仕方ないです。


訪れる災害

 苦難を越え合流し恐竜と資材が揃い生活が安定して楽しくなってきた私達。フレンドもお気に入りの恐竜を手にして上機嫌でした。


 私も人気の肉食恐竜『ユタ・ラプトル』を手懐け乗り回していました。強い!早い!格好いい!


 そして訪れたのが長く凍える夜と蜘蛛、蝙蝠、百足。新規プレイヤーの心を折ったハロウィンイベントという災害です。

 「え?なにこいつら。レベル150?あ、ヤバイヤバイ!拠点に来てる!」


 群れで襲いかかる強敵を前に半数近い恐竜を失いました。特に戦闘担当の肉食竜の死を受け戦力の8割を失う事態に。

 突然の襲来で相棒の『ユタ・ラプトル』を失って思わずコントローラー置きました。


 週末に開催された経験値等の2倍イベントで得た成果をほぼ失い、これが『ARK』なのかと絶望すらしました。


 その後も肉食恐竜の襲撃を筆頭とした災害が訪れるのが『ARK』の世界。幾度も壊され失い対策し備えて強固な拠点を作り上げていくのです。

 得たものを失うことに抵抗感が強いとクソゲーだと投げる人の気持ちも分かります。

 

神ゲーだと報われる日も

 それでも続けられたのは映画のワンシーンの様な体験があったからです。『ARK』は映画『ジュラシックパーク』シリーズのオマージュに溢れています。

 シリーズのファンが憧れた映画の登場人物の様なサバイバル生活が体験できちゃうのです。


 ラプトルに襲われ仲間とはぐれ松明を付けたら、目の前のティラノサウルスの大きな顔が!


 海をいかだで航海していると突如襲い来る巨大な影!


 未開の森で肉食恐竜に出くわし一か八か崖から川に飛び降りる!

 

 特にこのゲーム暗闇が本当に怖い。森は明かりが無いと全く前が見えない。森や沼地は人類が住むべき場所じゃないと感じるほどの怖さがあります。

 足音に怯え早く夜が明けろとビクビクしながら過ごす。『ジュラシックパーク』シリーズの王道とも言える体験です。

 
 プレイしていると幾度となく『ARK』を遊んで良かったと思える冒険が訪れます。そして冒険を乗り越えたときの楽しさは格別です。面白すぎて寝不足の日々で困ります。ほんと。


良くも悪くも思い切った作品

 『ARK』は面白いと思ったことだけを追求した作品です。だからこそ癖が強い上に徐々にプレイ内容が変わっていきます。

 サバイバルと冒険から建設そして収集と育成に、たどり着く最後はボスとダンジョン攻略です。プレイヤーを長く遊ばせる豪華さがあります。 

 少なくとも私は『ARK』のお陰で年末の新作ラッシュを見送りました。面白すぎて他のゲームやれないんです。オススメはしませんが、私は買って良かったと思っています。


f:id:K456:20171116171214j:plain
正にこれ。中毒性高いです。