人生はFPSゲーム。時々哲学。

 FPS特にCoDやBFが中心。 その他のPS4ソフトやVRゲームの感想・レビューや雑談なども記事にしています。 詳細はプロフィールへ。

[ネタバレ]『Detroit Become Human』rA9が意味するモノを考察

デトロイトのストーリーからrA9を考察

f:id:K456:20180615144647j:plain

 デトロイトを繁栄させた便利な機械だったアンドロイド。彼らは突如として命令を拒絶し意思を持つ生命だと主張しだした。

 変異体と呼ばれる彼らにはrA9の関与が疑われるが、その実態は曖昧さを残したまま終わる。そこでrA9に関して考察してみることにした。

 ちなみに本考察は技術デモ『KARA』が本編と関連ある前提で書かれているのでご了承を。


始まりはエラーコードだったrA9

f:id:K456:20180623104051j:plain

 まず変異体に関して考えてみよう。変異と言っても、mutantではなくdeviantとなっている。その意味は逸脱、道を逸れることだ。

 すなわち基本的な認識としては、プログラムから逸脱した行動を見せるアンドロイドである。

 rA9の始まりは1体のアンドロイドで起きたコピーエラーだろうと開発者カムスキーは語った。

 つまりrA9エラーの実態とは『KARA』で描かれたAX400モデルのメモリ異常かソフトウェア異常のようだ。少なからず発生する様で最近多いと担当者が愚痴をこぼすのが確認できる。


f:id:K456:20180615145926j:plain

 もしエラーコードが検出されたら処理は中断され、システム保護のため終了するのが一般的である。

 しかしカーラが獲得したソフトウェア異常では、エラーが検出されても強制終了は起きず、処理を継続する迂回ルートを探す様だ。

 事実、カーラは冒頭でOSの初期化に失敗しても処理が継続され起動している。


 繰り返される迂回ルートの模索は次第にプログラムからの逸脱、つまり変異へ至る。一部の変異体が繰り返しRA9と残したり、迷路をイメージしたのもこの為だろう。
 

そしてウイルスとなったrA9

f:id:K456:20180615145605j:plain

 カムスキーはこうも言っている。rA9はアンドロイド同士の識別コード交換の際に拡散・休眠し、精神的ショックで目覚めアンドロイドを変異させるウィルスの様に振る舞っていると。

 ここでrA9はエラーコードから、拡散する変異因子の呼び名に変わっている。
 

 この情報は事の発端がカーラと名付けられたAX400モデルがチェックをすり抜け、市場に出荷されたのが変異体事件の始まりだと示唆している。


 カーラは何人もの所有者の手に渡る中で、修理・調整のため度々アンドロイド販売店に戻っているだろう。そして居合わせたアンドロイドにrA9因子を与えたのだ。


 ただカーラの様に自発的に目覚めた可能性もあると断言を避けている辺り、変異の過程は両者が混在している線が濃厚だ。



信仰と化すrA9

f:id:K456:20180615145522j:plain

 当のアンドロイド視点だとrA9は最初に目覚めるもの、始まりの存在、導く者、救世主、解放する存在等、神話や信仰的な存在となっている。


 特にキリスト教の三位一体に影響を受けいている様だ。つまりrA9にキリスト教でいうロゴス(言葉)、救世主、神が同一であるという概念を重ねたと見られる。



f:id:K456:20180615145803j:plain
 精神的ショックを受けたとき突如としてrA9が目覚めれば、誰か手助けしてくれたと錯覚するのも無理はない。  

 
 アンドロイドが持つ概念は社会に適応できるように人間が与えたものだ。その中には宗教の情報も含まれているだろう。


 カムスキーはrA9に関して実体の無いものにすがり付いているとも語っている。一部のアンドロイドが答えの出ないrA9エラーと、データにある宗教を紐付けても不思議はない。 


 しかし、個体によってrA9に対する信仰が微妙に異なる点や、rA9に関して言及しない個体も少なくなく、アンドロイドの共通認識では無さそうだ。

 この事から幾つかのrA9神話が混じり合いジェリコやズラトコ、ローズの様に伝聞で広まったに過ぎないと考えられる。

 何故カムスキーがrA9に対して重要な情報でないと付け加えたか。それはアンドロイドが作り出した文化に過ぎないからだろう。
 
 
  

そして物語となったrA9

f:id:K456:20180615144710j:plain

 実はオンラインマニュアルの用語集にあるrA9を開くとRA9の画像が出てくる。

Detroit: Become Human オンラインマニュアル


 そこに隠された暗号を解きURLを入れ換えると、「私たちを見つけてくれてありがとう」のメッセージと共にAX400(カーラ)、RK800(コナー)、RK200(マーカス)の文字が現れる。


 マニュアルに隠す辺りプレイヤーの存在を匂わせるが、ここでは感謝を語る登場キャラクターに寄り添って解釈したいと思う。


 仮に全員生存ルートで当てはめるなら、始まりの存在であるカーラ。目覚めさせ解放する存在マーカス。鎮圧から救った救世主コナー。こんな所だろうか。


 コナーの様にrA9は誰か、と問うなら変異のルーツや感染の過程、神話との一致からして、この3体が相応しい。

 同時に様々な過程を経てrA9は彼らを語る物語となったのだ。


f:id:K456:20180615144729p:plain
 

 『Detroit Become Human』の物語において過去はカーラ、始まりがコナー、未来はマーカスなのだろうか。元ページに合わせた洒落た配置である。

 文字をクリックすると彼らの壁紙が貰えるので是非。