人生はFPSゲーム。時々哲学。

 FPS特にCoDやBFが中心。 その他のPS4ソフトやVRゲームの感想・レビューや雑談なども記事にしています。 詳細はプロフィールへ。

グウェントの初心者向け情報まとめ

覚えておきたいポイントを紹介

f:id:K456:20170527124653p:plain
 ウィッチャー3のミニゲームで遊んでいたので基本的な流れは知っていました。ところが、いざ遊んで見ると幾つか細かい変更もあり戸惑いも感じました。
 そこで反省も兼ねて序盤に覚えておきたいことをまとめようと思います。随時更新予定!

ラウンド制が特徴のグウェント

 ラウンド制を採用しているグウェントは手札管理が大事です。と言うのもパス以外では必ず1枚カードを出す必要があるからです。
 
 プレイしていると総合戦力に気を取られがちですが、大事なのは相手に手札を使わせることです。ラウンドが終了してしまえば積み上げた戦力も全て過去のもの。残った手札で遣り繰りしなければなりません。

 そこで大事なのがパスです。パスのタイミングが勝敗を決めると言っても過言じゃありません。

 相手が血気盛んに戦力を高めて来たら相手をせずにパスで仕切り直す。相手の戦力を上回ったら敢えてパスして、相手に勝利と手札温存の選択を迫るのも良いでしょう。

 例え1ラウンド取られても最終的に勝てば良いのです。ラウンド勝利の取捨選択がグウェントにおける駆け引きの醍醐味でしょう。



デッキは最小枚数で組むのがコツ

 グウェントは最初に10枚配布、第2ラウンドで2枚配布、第3ラウンドで1枚配布の計13枚のカードが引けます。
 加えてマリガン(交換)が第1ラウンドで3回、第2ラウンドと第3ラウンドは各々1回の計5回行えます。

 合わせて最大18枚のカードを目にする機会が有るわけです。もしデッキが最小枚数25枚ならデッキ中のカードの72%に使用機会が訪れます。これなら狙った戦略も実現しやすいでしょう。

 デッキを組むときは「あったら便利」とか「これも欲しい」と言うカードを省く方がデッキの強味を活かせます。



マリガンのブラックリスト化

 グウェントの手札交換には一つ特徴があります。それがブラックリスト化と呼ばれるシステムです。これはマリガンされたカードを再度引かない様にするシステムです。

 例えば試合開始時に『冬将軍』×3枚を入れているモンスターデッキにて、『冬将軍』をデッキに戻し『ワイルドハントの猟犬』を引きたいとします。


 もちろん皆さん『冬将軍』を一番最初にマリガンするでしょう。その際に『冬将軍』はブラックリスト化されるので、『冬将軍』→『冬将軍』という交換は起きません。


 加えて2回目、3回目のマリガンを行ってもブラックリスト化されるので、デッキに3枚入っている『冬将軍』を引くことは無いのです。その分だけ目当ての『ワイルドハントの猟犬』を引ける可能性が高まります。


 ここで最初に『冬将軍』以外のカードをマリガンした場合は、デッキにある2枚の『冬将軍』を引く可能性が残り目当てのカードを手にする確率が下がります。

 グウェントではブラックリスト化を利用すれば、ある程度手札のコントロールが出来るのです。



まず初めにやること

 いきなり対戦して報酬を得るのも良いのですが、まずはチャレンジをクリアしましょう。
 チャレンジ相手となるAIの手札順は固定なので、回数を重ねれば初期のデッキでも案外勝てます。

 チャレンジでは基本的な戦略を教えてくれるので、各勢力の一番最初にあるチャレンジをクリアするとデッキ選びの参考になります。


 オススメは勢力『モンスター』の霜を中心としたデッキです。チャレンジや初心者は天候に対する対策が甘いので初期では猛威を奮います。 



勢力別の雑感

 レベル5付近までは勢力の特徴を活かした尖ったデッキに出会うことは少ないです。樽の気紛れでデッキが決まると言っても過言じゃない時期なので、レベル10までは好きにプレイして構わないと思います。
 カードとの出会いがデッキを決めるのはカードゲームの醍醐味ですからね。
 
樽から出たカードのオススメ度に関しては
Gwent Cards List - Gwentifyが参考になります。

 デッキ内容はグウェント | DEKKI等が参考になります。



ニルフガード

 元となるウィッチャー3の時では最強勢力でした。本作でも強いと言うかウザい!
 手札の公開や密偵を使ったデッキサーチなどが売りの勢力です。使われた側はカードが破壊される以上に戦略の見直しを迫られ厄介この上ないです。
 初期だと牛の死骸を投げ込み敵陣を破壊する戦略が基本になります。カード破壊を繰り返されるとゴールドカードの強みをヒシヒシと感じますね。
 初期にデッキを組むのは辛いのか、レベル5位までは後述のスコイア=テルと同様に使い手が少ない気がします。


モンスター

 この勢力は気候を中心とした戦法と繁殖・補食を中心とした戦法を得意とします。
 初期は霜を利用したアビリティを駆使するデッキとなり戦略が分かりやすく使いやすく勢力です。レベル5位までは一番多いんじゃなかろうか。
 キーワードとなる天候が中心となる構成なので、カードが揃ってなくても機能させやすいのが売りです。
 気候で敵の戦力を削れますが対策されると火力に劣るので、補食を織り混ぜ底上げを目指す流れになると思います。
 

スケリッジ

 火力に優れた脳筋デッキと思いきや、アビリティの発動に墓地やダメージを考慮する面白い勢力です。
 ベースアップのアビリティが多く後半ほど墓地は潤い強力されていくデッキとなります。
 スコイア=テルと同様にスペシャルカード無しでも十分な火力が見込めますが、こちらは少しアビリティがややこしいです。熊に変化が出来る様になると安定します。
 

北方諸国

 相手ユニットの攻撃とアーマー付与が特徴の勢力です。兵器で敵の戦力を削り歩兵のアーマーや昇進で攻撃を耐える王道とも言える戦法です。
 モンスターの天候デッキに通じる強さを持ちますが低レベル帯では使っている人が少ない印象。ニルフガードと同様に機能させるには充分にカードを揃える必要がありそう。
 人によっては他の勢力のカードを砕いて紙片で揃えてる模様。これなら課金しなくても一気に強化できます。


スコイア=テル

 ドワーフとエルフの混合部隊。自軍の強化と敵陣の攻撃を王道の戦略に加え、伏兵や即日配置を駆使した攪乱を得意とする勢力です。
 問題はスコイア=テルは伏兵なしだと器用貧乏なデッキになる点です。しかし伏兵関連のカードは全般的に弱いので十分に揃わないと組み込みにくいのが難点。
 それでも初期なら天候と合わせドワーフとエルフを積んで強化と削りで戦う戦法は割りと強いです。



覚えておきたいアビリティ・用語など

 勢力によって特徴付けされてる関係で知識が偏りがちなゲームです。そこで強いなと思ったものや、紛らわし用語などを列挙しようと思います。下手すると分からん殺しされちゃいますしね。


天候関連

 ウィッチャー3の頃から猛威を奮っている代物。敵陣の列に気候効果を与えられるカードで、種類によって最強カードや最弱カードにダメージを与えたりと効果も様々。

 継続的に効果が続くので自陣がボロボロにされてしまいます。対策がないときは早々にパスする方が良いです。

 対策となるカードの代表としては『日の出』があります。このカードは気候効果を解除する以外にもブロンズのカードを場に出せるので、必ずデッキに入れておきましょう。

 アップデートで弱体化されましたが、プレイヤーの対策カード採用率も下がったので十分現役です。


アビリティ継戦

 基本としてラウンドを跨ぐとフィールドはリセットされます。ところがアビリティ継戦を持っているカードは次のラウンドまでフィールドに残ります。これは是非使いたいアビリティです。

 継戦を持つカードは強化等の数値変化を維持した状態でフィールドに残りますし、パスした後に戦力調節で出されると厄介です。

 パスして相手の手札を削れるかと思いきや、出してきたカードに次のラウンドでも活躍されるのです。


ブーストとベースアップ

 数値の上では似たような効果ですが本質は異なるので注意が必要です。ブーストは一時的な効果で墓地に行けば戻ります。対するベースアップは墓地に戻っても数値変化は維持されます。

 特に墓地を利用する機会が多いスケリッジ等を使うならば、2種の違いを理解しておかないと痛い目をみます。

 オススメのスペシャルカードは、ブーストと共に事項で紹介するシールドも併せて付与できる『クエンの印』と、ベースアップと共にアビリティの再発動が可能な『おとり』です。

 この2枚は取り敢えず入れておいて損は無いカードですね。


シールドとアーマー

 グウェントでは相手のカードを攻撃するアビリティが多いです。その対策となるのがシールドとアーマーです。

 シールドはカードの上に黄色いバリアが掛かり、アーマーは左下に数字が入った盾が表示されます。シールドは攻撃を一回だけ無効化し、アーマーは数値分の攻撃を肩代わりしてくれます。

 例えば初期から持っている『トリス・メリゴールド』はアビリティで敵カード1枚に5ダメージ与えられます。

 もし指定のカードがシールド持ちなら無効化さてノーダメージに、アーマー2持ちなら3だけダメージを与えられます。

 一見シールドの方が優秀に思えますが、ブロンズカードだと与えられるダメージが1や2な事も多くアーマーも侮れません。


随時更新予定!

 とりあえず私はスコイア=テルのデッキを使っています。アビリティは分かりやすいのですが火力に欠けるのが弱点でしょうか。

 スペシャルカードを駆使して補っている感じですね。特に今回紹介した天候を多用してます。天候無しだとちょっと辛い。

 そろそろ私も相手プレイヤーに牛の死骸を投げつけたりしたいので他のデッキも使おうと思っています。その過程で気になった事柄は随時更新する予定です。