読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はFPSゲーム。時々哲学。

 FPS特にCoDやBFが中心。 その他のPS4ソフトやVRゲームの感想・レビューや雑談なども記事にしています。 詳細はプロフィールへ。

[感想・評価]ダークソウル3 レビュー ~歴代の魂を継いだ作品~

シリーズの魅力を詰め込んだ集大成

DARK SOULS III 特典無し

DARK SOULS III 特典無し

 フロムの代表作であるダークソウル。その三作目。世界を照らす『火』が陰るとき、夢半ばで倒れ燃え尽きた『灰』の不死者達が歴代『薪の王』達を集める使命を受け甦る。
 
  

総論

f:id:K456:20160401011941p:plain
 ダークソウル3はシリーズで魅力的だった部分を集めた作品だ。デモンズソウル・ダークソウル・ブラッドボーン。各作品の息吹を感じる作りにファンは懐かしさを覚えるだろう。
 本作はファンサービスに溢れる続編だが直接的な物語の繋がりはなく、新規のプレイヤーでも全く問題ない。
 シリーズの句切りとなる作品であり集大成と呼ぶに相応しい。
 
 

シリーズの魂を継ぐ作品

f:id:K456:20160401012947p:plain
 ダークソウル3はシリーズの魂を継いでいる。歴代作品で高い評価を得た要素を受け継いだのだ。

 本作は魅力的なダークソウル1の世界を元に新しく生まれ変わった。「もっさり」と言われた前作と比較するとデモンズソウルに近い操作性で爽快感がある。

 マップは広大で複数のルートが用意されており、マップ全体像が掴めたときに達成感が得られる程だ。油断ならない敵が徘徊するなかで、どのルートを通って探索するか考えるのは楽しい。

 そしてステージの節目に待ち受ける素晴らしいデザインのボス達との戦闘では、苛烈で美しい攻撃と壮大な音楽が目と耳も楽しませてくれる。
 これは死闘を表現したブラッドボーンを彷彿させる素晴らしい体験だった。

 ダークソウル3は懐かしさと新鮮さのバランスに優れており、ファンにも決してマンネリとは感じさせない。
 


 

マルチプレイ中心の作り

f:id:K456:20160401013015p:plain
 色々な戦闘スタイルのプレイヤーと出会えるのもダークソウル3の楽しみの一つ。マルチプレイをしていると「新しいキャラクター」を作りたいと思う程である。

 全体的にソロプレイを重視した印象があるブラッドボーンと異なり、ダークソウル3はマルチプレイに重きを置いている。

 最大6名(ホストの他に協力者を3名+侵入者2名)でプレイ可能であり、一騎討ち、集団戦、三つ巴の乱戦と様々な戦闘が楽しめる。

 そして大きく分けて9種類の育成方針と200近くあるという装備の多様さが、個性あるキャラクターの誕生を促進させる。中でもユーモアあるプレイヤーに出会った時の楽しさは格別である。

 
 その反面、そのシステムは新規に複雑さを感じさせるだろう。多種多様な装備とステータスによる制限。自由に育成できる分だけ迷いも生まれ、定石を知らない初心者にはここが一番難しいかも知れない。

 しかし、キャラクター作成を含めプレイ中にやり直す機会が用意されているので、気の向くままにプレイしても大丈夫なので安心して欲しい。

 ただ、一つ注意が必要でマッチングはレベルと武器強化の影響を受ける。特に武器強化の制限が強い様で、その影響でマッチングが悪くなる場面もあった。

 周回プレイが進めば問題なくなるだろうが、一周目は少し注意が必要だろう。


シリーズ初心者へ向けて

f:id:K456:20160401013244p:plain
 難しいと評判のシリーズで興味あれど迷っている人も多いと思う。

 ダークソウル3も確かに死に覚えゲーであり難易度は高い。だが、その難易度の高さは1回目で正解を引く難しさであり、繰り返しプレイすると難易度は下がってくる。

 火力こそ高いが十分に観察してみれば敵のパターンは単純だと気付くだろうし、次第に敵と戦わずに駆け抜けられる様になるはずだ。 

 それでも独りでプレイするのが大変ならば協力者として参加すれば良い。仲間のプレイを見て「こんなルートがあったのか」「こんな戦い方があったのか」と自然に学ぶ事が出来るからだ。
 
 ソウルシリーズは高い難易度を誇るが救済措置も多く、投げ出さず回数を重ねれば誰でも必ずクリア可能になる。

 世界観に魅力を感じるならば十分に越えられる壁だ。興味がある人は是非プレイして欲しい。