人生はFPSゲーム。時々哲学。

 FPS特にCoDやBFが中心。 その他のPS4ソフトやVRゲームの感想・レビューや雑談なども記事にしています。 詳細はプロフィールへ。

注目のFPS「Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)」の日本語版が発売決定

 遂にレインボーシックス シージの日本語版の発売が発表されました。PS4の公式動画に少しですが登場しており、日本での発売日の発表を私も待ちわびてました。

f:id:K456:20150614221054j:plain


 本作の国内発売は2015年10月15日と海外版から僅か2日遅れと言う素早い発売が嬉しい所。UBIソフトのローカライズは丁寧ですし安心感があります。


今回公開された動画は次の二つ。

コンセプトが分かりやすいオペレータートレーラー
http://youtu.be/nMC85Wr4Pvg


SASに焦点を当てたブリティッシュユニットトレーラー
http://youtu.be/AvlgZNTvmoU



 各々の隊員は特徴的なガジェットを持っており、異なる役割を果たすことで目標達成を目指します。ラジコンを使って中の様子を確認したり、身を守るバリケードなどガジェットは様々。
f:id:K456:20150613145327p:plain

 チームで行動しテロリストに作戦がバレない様、慎重に爆弾やバリケードを設置し突入の準備を行う。突入の準備が整ったら壁や扉を破壊し突入!素早く行動しテロリストを排除。人質の確保・脱出を目指す。
f:id:K456:20150613145059p:plain

レインボーシックス シージでは正に映画で見る「特殊部隊の救出劇」がテーマです。




 そんな期待のFPSであるレインボーシックス シージは特殊部隊と近接戦闘に焦点を当てられている。

 Rainbow Sixシリーズは世界で起こるテロリスト事件に対応する対テロ組織が主役のゲーム。今回のRainbow Six Siegeでは世界中の特殊部隊が集結。SAS(イギリス)、Spetznaz(ロシア)、GSG9(ドイツ)、FBI(アメリカ)、GIGN(フランス)と言ったメンバーがテロリストに立ち向かいます。


f:id:K456:20150613112127p:plain
f:id:K456:20150613112145p:plain
f:id:K456:20150613112206p:plain
f:id:K456:20150613112353p:plain
f:id:K456:20150613112229p:plain
 

 特殊部隊らしさが出ているアクション。そして作り込まれた破壊可能なオブジェクトと様々なガジェット。それらを駆使して戦う5vs5のマルチ対戦と協力プレイが魅力の本作。特に前作で人気だったAIの敵を相手にする協力プレイには私も期待してます。


 ところでSWATじゃなくてFBIとなっていると、なんか違和感ありますね。