人生はFPSゲーム。時々哲学。

 FPS特にCoDやBFが中心。 その他のPS4ソフトやVRゲームの感想・レビューや雑談なども記事にしています。 詳細はプロフィールへ。

Destinyで考えるゲーマー度

 次のリンク先はアメリカのデータですが日本とも大きくは変わらないでしょう。特にFPSに関してはアメリカ発の作品が殆どです。何かしらの影響を与えている事は確実です。

殆どの人がゲームをクリア出来ない

アメリカの平均ゲームプレイ時間


 少々古いですが一つ目が90%の人がエンディングを迎えられ無いと言うニュースです。そして20時間程度でクリア出来る作品が好まれると言う話。
 二つ目が1週間の平均プレイ時間のデータです。一般的なプレイヤーは週に6.3時間プレイするそうです。1日1時間程度と言うことですね。


 これよりライトゲーマーは試行錯誤しようにもプレイ時間も少なく難易度が高いとクリア出来ない傾向が強い訳です。難易度そこそこで短めのゲームが好まれると言えそうです。
 クリアまで20時間程のゲームをライトゲーマーは一ヶ月楽しめます。大体の目安ですが週に20時間でノーマルゲーマー。ハードゲーマーと呼ばれる人は実に週40時間を超えてプレイすると言われています。



 さて、本題に戻って話題のDestinyで考えて見ましょう。Destinyのストーリープレイ時間は20時間が目安。やりこみ要素や対戦も楽しめれば8000円で2ヶ月以上楽しめる作品です。これがノーマルゲーマーだと2週間。ハードゲーマーだと1週間で過ぎるわけです。この様にゲームに対するコスト感覚や時間感覚が全く違います。


 Destinyはライトゲーマー向けの贅沢なゲームなんですね。言うならば様々なおかずが食べられる豪華なお弁当です。逆に言うとガッツリとこれを食べたい!って人には物足りない所か要らないおかずの分だけ無駄が増えるだけ。誰しも肉をガッツリ食べたいなら素直に焼肉弁当辺りを選ぶでしょう。CoDやBFとは対象が違うんです。




 FF15のバトル仕様をE3 2013に戻す事を求める署名運動が開始、9/24 朝で500名を越える賛同者

 FF15もライトゲーマー重視の流れです。今後も大作はライトゲーマー重視となるでしょう。ハードゲーマーには辛い時代。FPSプレイヤーもライトゲーマーが多くなりハードゲーマーが望むようなソフトは少なくなる一方です。



 ただ自分も解るんですよね。FPSですら全部の武器を使ったり、武器のチャレンジや迷彩解除なんかをする気がしない。細かいやり込み要素を求めてない自分がいます。
 FPSやってRPGが面倒になったのか、RPGが面倒だからFPSにハマったのか。FFも昔はやり尽くす位プレイしたんですけどね。ライトゲーマー向けならFF買おうかな。


関連リンク
武器の特性を知ろう。 - 人生はFPSやゲーム。時々哲学。
Destinyプレイ記2~月での戦い~ - 人生はFPSやゲーム。時々哲学。
クルーシブルに参加しよう! - 人生はFPSやゲーム。時々哲学。
クルーシブルの戦い方 - 人生はFPSやゲーム。時々哲学。