人生はFPSゲーム。時々哲学。

 FPS特にCoDやBFが中心。 その他のPS4ソフトやVRゲームの感想・レビューや雑談なども記事にしています。 詳細はプロフィールへ。

キルレと勝率

 キルレと勝率は相関する。キルレ1なら勝率も1に近いはずだ。キルレ1越えて勝率が0.5付近の人は明らかに間違ったプレイをしている。


 どのルールにおいてもキルされる分だけ行動できる時間が減る。行動できる時間が減ってチームの戦力が低下するから負けるのだ。
 どの世界も数の暴力が何より強い。真っ当なプレイをしていれば、キルレ1を越えると勝率も1を越える筈だ。相手より勝利に繋がる行動を行う時間が増えるからね。


 私はキルレより勝率重視でプレイしている。勝率が一番上げにくいから。だから価値がある。他の数値はオマケで付いてくるだけ。


 BO2の時からそうだけど、仲間を勝たせなきゃ意味がないと思ってる。自分が引っ張ってく時もあれば、仲間を活かす為にサポートに徹したりするって事さ。仲間に一緒のチームで良かったと思って貰う事が勝利に繋がるからね。

 多くの場合で誰か一人のお陰で勝てるってことは無い。何だかんだで自分が良い成績出せる時は仲間のお陰だ。そして自分の成績が悪いのは自分のせいだ。


 別に勝利至上主義でやれって訳じゃ無い。好きなプレイスタイルで勝ちを目指すのが楽しいって話。


 良く強さを示す物としてキルレやSPMが挙げられるけど、どう考えたって勝率に勝る物は無いね。(BF4のスキルですら怪しい)
 勝ってもキル稼ぎされると負けた気がするのが原因だと思うけど、もう少し勝率に注目しても良いんじゃ無いだろうか。
 

 PS4やタイタンフォールで能力別マッチングの導入案が出た様に、過剰な実力差が有る試合を減らす流れが出てきている。
 そう言った背景からも今後は数字の意味合いは変わりそうだ。その方が初心者救済でバランス崩れるより健全なゲームになるだろうさ。多分。