読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生はFPSゲーム。時々哲学。

 FPS特にCoDやBFが中心。 その他のPS4ソフトやVRゲームの感想・レビューや雑談なども記事にしています。 詳細はプロフィールへ。

落とした財布が返ってくる理由

 いやあ、実は恥ずかしい話なんだけど財布を落としてしまった。

 それも、落としたのに暫く気が付かなかった。財布を探して見つからない時は、ちょっと焦ったね。


 あれ?ここにもない? え?ここにもない?


 あ。    落とした?



 落としたと確信した時からは記憶を辿ることに全力になって、軽い絶望感に包まれたね。現金にカード。身分証明は別にして有ったからマシだとしても、色々と面倒な事になる訳だ。

何よりも最悪の場合は貯金が飛んでっちゃう!

 そして中身が抜かれた財布はゴミ箱へ直行の可能性も有るからね。今生の別れとなる可能性は十分って訳だ。


 そしたら銀行からお電話さ!警察署に届いていてカード止めましたって!(警察に有るのに止めるのはスキミングの可能性が有るからかね?)
 直ぐに警察に電話して確認すると、現金も入っていると言うじゃ有りませんか!



 この世は善意で溢れてる!世の中捨てたもんじゃないね!世界が明るく見えたよ!本当に。


 後日、警察署に取りに行って中身の確認を終えると、財布の返却と共に届け主の情報を伝えられた。その時間僅か5分!

 財布を手にして感じる安堵感。実際に手にしてこそ実感するね!


 その帰り道に連絡を取って御礼する日取りを決めた訳さ。落とし主は妙齢の女性で御礼の品(財布の中身20%程度)を渡すついでに、お茶しながら拾った話や届けた話を聞いたわけだ。

 届けた理由は主に二つ。
 
 落とした人は困っているだろうなと思った

 カードが沢山入って居たから怖かった

だそうだ。

 財布を開いて一番最初に目に入る様々なカード。これにビックリするそうだ。
 
 何が怖いのかわからないけど、特にカードは怖いらしい。確かに素人には使い道無い気がするけどさ。拾った人にしか分からない怖さなんだろうか?
 銀行のカードが複数入っていたのが特に効いたようだ。使って無いカード入れておいた価値がこんな形で発見された。御守り代わりに今後も入れておこう。
 

 育ちの良さそうな雰囲気だったので、それも大きな要因だと思う。2時間ほど世間話して楽しい時間を過ごした。


 そんな訳で無事に財布は返って来たわけだ。正直いって次は無い気がする。

 今年の運を早々に使い果たしたかも。