人生はFPSゲーム。時々哲学。

 FPS特にCoDやBFが中心。 その他のPS4ソフトやVRゲームの感想・レビューや雑談なども記事にしています。 詳細はプロフィールへ。

環境と人間

 生き物は環境に支配される。環境の変化によって在り方を変えざるを得ないものだ。

 しかし、人間は環境を創り繁栄してきた生き物だ。そして自分に都合の良い環境を創れるためか、環境に立ち向かう傾向がある。



 辛い環境なら自分で変えろ。または自分が変われば良い。


 そのような意見を見掛ける事は少なくない。間違ってはないが、そんな事は出来ないのである。そもそも、それが出来る範疇なら問題ですら無いのだ。

 
 環境の変化は唐突で大きな変化である。種として適応出来ても個体として対応するのは難しい。
 対応出来る適応性を有している一部の個体が生き残る事が種としての適応に繋がっている。それは多くの個体の犠牲は避けられない。


 個体としては苦しい環境からは逃げるのが最善である。環境や自身を変えるより新天地を目指す方が合理的なのだ。

 優秀な個体ほど素早く逃げる。個体として環境に立ち向かう事は得策ではない。

 大事なのは自分が何処に逃げられるかを知ることである。どんな時も戦うのは最後の手段である。